2017年10月 5日 (木)

NS50R(F)

こんにちは。

keizyです。
NS50R(F)はご存じでしょうか?
MBX(18インチ)に始まり、NS50Rで終わりましたがとても良いバイクです。
当時TZ(RZ)がライバルマシンでしたがライバルにならないほどでした。
MBXは18インチに対してNSは17インチ、TZは17インチから最終フロント16インチでした。この時点で方向性感じますね。
タイヤの性能が上がり現在走らせれば感覚が変わるかもしれませんが、当時は2台真逆な乗り物でしたね。
当時はもちろん同じタイヤでしたのですが、同じタイヤとは思えないほどNS系はタイヤを押し付けれましたね。TZ系は曲がるが強く、すぐにタイヤの一線超えてしまう感じでした。
ミニバイクですので車重が軽くてスピードも低いためトラクションが勝手にかかるのではなく、かける事が重要ですがバンク角とハンドル切れ角で曲げていきます。
NS系の特性が、アンダー傾向であるので曲がらないと感じやすく、TZ系がハンドリングがオーバーなのでバンク角が浅いのに曲がると感じたと思います。
この違いが走らせ方の大きな違いになりましたね。
NS系の面白いところは、一見アンダーなのですが突っ込めばフロントのストローク感でオーバーを作り出し、減速しきった所でガツンと向き替え、アンダーで立ち上がります。いわゆるV字ライン。アンダーで立ち上がるメリットは抵抗が少なくスルスルと立ち上がるところです。リア1本で立ち上がる。
TZ系がハンドリングが良いのですが、スピードを上げていくとフロントが切れ込んでしまう傾向にあり、直線で減速、曲がれる少し高いスピードを残し進入、すぐにリアにトラクションを移しながらRを描きながらコーナーリングする感じですが、立ち上がりと旋回がマッチするととても速く、理想的に一石二鳥な感じで立ち上がるのに対し、逆に突っ込みでフロントに残りすぎると抵抗が生じクルンと向き替えではなく、グググとオーバーステアなのにアンダーが出てしまう症状に苦戦していました。前後を全体で使い曲げていく感じ。
その為、高速コーナーのTZ、低速コーナーのNSの感じが強く、これはNSRでもTZMでも同じでした。
とはいえ、ミニバイクコースのほとんどが低速コーナーの為、レースでは勝負所で強いほうが勝りましたね。
どちらも同じ方向に向かうのですが、前から後ろに向かうのか、後ろから前に向かうのかの違いに感じました。
ロードレースの高いスピード域では色々な事が困難に感じると思いますが、ミニバイクでしたら短期間で色々挑戦し、感じ、理解し、結果が出ます。
タイヤのグリップが勝ると、色々な事が感じづらいですが、NSなど17インチはバイアスタイヤでとてもシビアに反応してくれます。
勉強やトレーニングにはとても良いバイクです。
NCCでは、NSにNSRステップをつけれるプレートを販売しています。
そのプレートを止めるU字ステーは純正を使用しているのですが、ずいぶん前から廃盤でした。
今回そのU字ステーを作りましたのでお探しの方は是非。1つ680円です。
Img_5015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

ライセンス

こんいちは。

keizyです。
16歳になった娘が、初の国が認めたライセンスを手に入れました。
好きな物には集中力が上がる。所はやはり似ています(笑
1発で合格したので>やれば出来るじゃん。
というと
>原付なんて簡単。612
だと。高校のテストでもそう言ってくれ。
とはいえニコニコしててこの受かる楽しさをしってもらえたらと思い、免許取らせました。
ただ勉強するのでは中々進みませんが、国家試験など色々免許取る楽しさを分かると、色々免許取りたくなるんですよね?え?ならない??
バイクの方は8の字から練習させますよ。
懐かしの写真が出てきたのですが、向かって僕は右、真ん中エジーナ、左はいとこの子。
493 そしてMyポケバイ。実はまだ持っています(笑
S__10272774 エジーナ息子たち。そう遠くない将来、私もおじいちゃんになるんだろうな(笑


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

明智ヒルトップサーキット

こんばんは。

keizyです。
今日は結局朝から明智へ行ってきました。
バイクはハイパーミニ。JSBの練習にもなります。
492 2年ぶりの明智でしたが、とても綺麗でした。
491 しっかりスピードハート様も大きな看板!目立ちます。
494 久々に行くと古いメンバーは居ない事が多いので、誰?って事が多いのですが、今回は何気に子供たちが覚えていてくれたりしました。>keizyさんだぁ~サインください。
とか、>8耐出てる人だ~
と言われると、>ここで練習して、タイム出せるようになるとどこでも何乗っても走れるよ!
ってな感じで色々アドバイスなんかさせていただきました。特に重要なブレーキの使い方など。
とはいえ、久々の明智。走れるか?心配です(汗
ノーメンテのハイパー君。ガソリン入れて空気圧だけ見て走りました。
走り出してすぐ42秒台で走行。そして特に疲れなくJSB効果が出ています?
マシンは鈴鹿ツインのSETなので、リアが落ち着かない。
イニシャル1.5mm緩めCOMP4ノッチ戻しで落ち着きました。
41秒台も見えそうでしたが、スプロケも持ってきてなく、タイムが上がると少し合わなくなってきました。
2丁位ショートにして、1つ上のギアを使うのがいいかな?と思いながらも、パワーバンドが広いのでベストは見つけずらいですが、タイムの稼ぎどころは高速コーナーなのでそこで合わせるようにします。でも走りながら>ここでハイサイドしたらかなり飛びそう
なんて思うと最終コーナーは全開で行くのを少しためらいますね。
明智で走らせるなら、スイングアームを少し短くしたいと感じました。
しかし昔の自分はS80で40秒台。どうやって走っていたんだろうね?
※明智最終戦は日程が合えば参戦するかもしれません。お楽しみに~


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

当たり2

こんばんは。

keizyです。

朝から雨でしたね。しかしすぐに乾きだしたのでこんな時はまたまた西浦へ9938


乾いてますね。

そしてパイロンは誰もいません(笑

着替えようとしたら!インナーの上半身忘れました。。。

少し試したい事があったので1時間30分ほど走りました。

>やっぱりなぁ~。これだと疲れが軽減される。

など試したりしました。

しかしインナーないので気軽に脱げません(泣

ですが天気が曇りなので良かったです。

明日からお仕事なので今日は早く寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

当たり

こんばんは。

keizyです。
今日も内転筋の筋肉痛が治りません。痛気持ちぃですが(笑
お盆休み残すところ1日となりましたね。
今日は事務さんが出勤してくれたのでお昼からジムへ行くか、自転車で出かけるか、バイク乗るか悩んだ結果。。。NSF100で西浦へ。
9925
当たり!誰もいません(笑
コースでは数台走っていましたがパイロンコースは貸し切り!
広いんだけど2台でしか出来ないぐらいですし、自分のやりたいレイアウトって訳にも行きませんが、お盆だからね~多分人少ないだろうね~
当たりでした!
道中もすきすきです。
最近世の中の動きがよう分からん所があります。
完全に操られているかのようです。(政府に)
さて休みの時に仕事しよ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

NSRvsNS50R

おはようございます。

keizyです。
長年ミニバイクをしてきたので、物事をミニバイクでの出来事に置き換えてしまいます。
これは僕の宝であり、良くも悪くも想像できる部分です。
バイクはタイヤ2本のみが路面と接地して成り立っています。
どちらが滑りすぎた時に転倒します。
なのでグリップが高ければ高いに越したことはないと感じます。
しかしグリップが上がれば上がった分ある所をさかえに旋回性が逆転します。
旋回性というよりも、旋回時間がかかるという感じです。
これは表現で言うと転がるとか、食われないという部分。
とてもグリップするがタイムが出ないタイヤでは意味がありません。
グリップする=減速します。
タイヤメーカーの違いやタイヤ銘柄にて違いを感じるのにはそれなりの経験など必要ですが、バイクそのものが違えば一目瞭然です。
ハイグリップの12インチvsバイアス17インチ
乗って見ればすぐに分かります。
いや、12インチと17インチで一緒に走ると良く分かります。
離される所、追いつく所が明確です。
そして同じライダーがバイクを入れ替えてみてください。
あれ?
と感じるはずです。
100%で走る12インチと、80%で走る17インチが同じぐらいで走れると思います。
>じゃー17インチ100%で走ったら速いじゃん!
17インチ101%で転倒します。
12インチは120%まで行けます。
>120%が100%じゃないの?
実際はそうかもしれません。しかし乗っているライダーの感覚はそう感じるはずです。
怖い思いして>まだいける。まだいける。
が12インチ。
でもタイムが。。。やっとの思いで出た。
さら~っと走ってあれ?なんでこんなに出るの?
と感じるのが17インチ。
>じゃーもっと攻めれば!。。。転倒。
極端ですがこんな感じになるはずです。
フレーム剛性との関係もあるので、一概にタイヤだけではありませんが、タイヤが細いってこんなに曲がるんだ!と感じれるはずです。
17インチに120サイズ履けばもちろん曲がりませんよ。
ワンメイクになればそんな事は考えなくて済みますが、JSB1000はとても複雑に組み合わせが出来ます。
昨日の話で明智ヒルトップサーキットMクラス45秒26は今でもそれなりに速いタイムです。なぜ25年前にそのタイムか?ヨコハマゲッター007のタイヤだからです。気持ち細くてグリップは点。転がり抜群。ただ転倒も多かった(汗
少し難しいがタイムの出るタイヤは乗り手を選びます。
乗り手が理解し、タイヤをブレーキとアクセルで接地させて減速&加速させてが出来るといのままに操る事が出来ます。
グリップが高いタイヤは、タイムを出す時に必ずオーバースピードや早めのアクセルが付きまといますし、タレが一番襲ってきます。
サスセットや、剛性で味付けを変える事が出来ますが、タイヤだけでみるとそんな感じになるんです。
転ばない17インチ乗りが大きいバイク乗っても同じ事に繋がると感じます。(極数名しか居ませんが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

見た目vs中身

おはようございます。

keizyです。
世の中見た目は大事ですよね?ね?
いや中身が大事でしょう!
って方は経験されている方でしょう。
そんなこと言っても本音は>両方。
ですよね。
でも割合になるとしたら?
見た目6、中身4.
いや見た目4、中身6
このように無難なところにするでしょう。
その場合、特別重要では無い事が多いです。
極端ですがレースなら中身10と間違いなく言うでしょうが、商売がからむと見た目も重要です。
見た目のブランド力の影響はとても大きいです。
話は変わりますが、NS50Rのバイクはご存じでしょうか?
同じくNS50Fのバイクはご存知でしょうか?
この車両はベースは同じです。
NS50FというバイクにはFタイヤ90/80-17 Rタイヤ100/80-17を履いています。
しかしNS50RにはFタイヤ90/80-17 Rタイヤ90/80-17で前後同じサイズを履いております。

見た目は100サイズのほうが太くてグリップしそうです。
90サイズの見た目はとても心細くなるぐらい。。。
しかしその性能、特性は乗ってみると良く分かります。

車だと良く分かりますし、みなさん経験されているかもしれません。
サイスUPしたら?あれ?曲がらない?グリップしない?なんて経験もあるかと思います。
使うタイヤの剛性やコンパウンドでも変わるので一概にはいえませんし、重量でもかわるのですが、太くなることで面圧が下がり押し付ける力が下がることから起きるグリップ不足。
太くすることで起きる軽快さがなくなり重さが出て曲がらなく感じます。
この辺りは自転車のほうが分かりやすいかもしれません。
自転車では空気1つでかなり変わりますよね?
太いマウンテンバイクのタイヤと細いロードバイクのタイヤの差です。乗ったことがなければ太いマウンテンバイクのほうを選ぶ方は多いかと思います。
僕がミニバイク現役の時にはNSR50で前後同じサイズの100を使用していました。120からの100ですのでかなり細くなります。
タイヤの銘柄が変わってからはまた120に戻しましたが、形状や剛性とコンパウンドが選べない市販のタイヤですので良し悪しが出ますが一時は使って参戦していました。
レインタイヤがない時代では特に雨なんか抜群です。
ここまで言うとイメージが付く方もいると思いますが、試して体感することから得られる事はとても大きいので是非お試しあれ~
※これは有る所を栄に逆転する場合もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

記憶

おはようございます。

keizyです。

物忘れが多い自分ですが、NSR50の修理を頼まれて直していたらCDIがダメっぽく、レーサーから街乗り出来るようにしたいとの事でしたので配線などノーマルが必要なのですが最低限切断はしてるけどそのまま残っていたのでノーマルCDIを探しました。

探すって?

たしか25年前にこの辺りに外して置いてあったはずだ。

という記憶です(笑

おまけにノーマルだとリミッターが効くのでリミッターカットもあったよな?

と見事にありました。Img_2246

社外CDIは買うことが出来るけどノーマルは出るか分かりません。

探しながら色々出てきましたね。AピストンとかもBピストンなど。

今では考えられないほど精度は良いでしょう。

Img_2249保安部品も装着し、なんだか凄く良くなってきました。当時物の雰囲気出まくりです。

Img_2251

NSRは多いけど、街乗り出来るNSRって少ないしね。

サイドスタンド溶接して、バッテリー付けて、ナンバー付けて完成です。ん~スタンド。。。探そ。

ただ残念な事に混合ガソリン。面倒ですが途中給油は。。。OILもっていれば出来るかな?

20ℓの携行缶に初めに500ccOIL入れてからガソリン入れれば簡単に40対1が作れるので慣れれば問題ないでしょう。

50ccですが黄色ナンバー登録するほうが無難でしょうね。

ちなみに乗るのは40歳のおじさんです(笑




人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

こんにちは。

keizyです。
今日は美浜で西沢塾が開催されます。
僕は強制出勤だそうです(汗
全日本ライダー渥美心選手もきますので、この機会にマンツーマン教官のお願いも出来ますよ。
但しサポートという意味も含めて有料にてお願いします。
皆さんに経験してもらいたいので30分単位で料金はその人のお気持ちでOK!
>僕のバイク乗ってみてください!
とか
>バイク正常でしょうか?
も良いと思います。
>セッティングの方向性みてください!
なんてのもOK。
聞きたくても聞けない事や、バイクに乗ってもらうってのはとても有効ですよ。
普段自分のバイクだけにしか乗らない人がほとんどです。
同じバイクでもセッティングで随分変わります。
当日早い人順です。
僕が勝手に決めた事ですが気持ちサポート的な部分もあると嬉しいですね。
多分塾長が大金払って乗ってもらうと思いますが(笑


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

バイクネタ

こんにちは。

keizyです。

いつも見て頂いている方ありがとうございます。

ブログ更新も少しおろそかになり、見る人も少なくなってきたので少しバイクネタにします(笑

本当の事って教えたくないんだよね~

今日はバイクを走らせるのに、バイクの速さにより走らせ方の違いを書きます。

小排気量、中排気量、大排気量に分かれますが、250cc、600cc、1000ccに限らずミニバイクでもM(ノーマル)SP(準改造)オープン(フルチューン)でも同じです。

今日はその中でも、同じクラスでの速さの違いにより走らせ方の違いについて。

ん?

と思う人は多いと思います。

同じクラスの中でもマシン差は必ず出てしまいます。

いわゆる当たりエンジン。ハズレエンジンです。(インチキは無いという前提です)

クラスが違えば走らせ方の違いはなんとなく分かる方もいると思いますが、同じクラスでの少しの差から生まれる走らせ方の違いです。

ここまで書いてなんですが、最後まとまるか微妙なぐらい複雑ですのでかなり簡単に。

ハズレエンジンではレースで勝つ事はごくまれで、レースの主導権を握ることは出来ません。しかしながら、ライダーを大きく開花させることが可能です。早い話、遅いマシンで勝つ事が出来なければライダーとしてそこまでです。しかし可能性は大いに秘めており、悪条件下でも勝てる事が出来るライダーは何かを掴んだと言えます。

当たりエンジン。

周りに比べて速いのが当たりとされます。レースを有利に運べるし、タイヤにも優しい、体力、精神的にも有利。当然勝つ事が非常に近くなります。

しかしそのエンジン(マシン)を手に入れてしまう、味わってしまうともう抜け出せません。

ライダーとしての成長が止まります。しかしそのクラスだけ見れば勝ことが出来ます。

話がそれますが、チームにより方向性が違い、良いマシンを作り勝たせる所もあれば、ノーマルで勝てるライダーに育てるところもあります。

ここで2つのマシンの速さが違うとします。

速いマシンは、早めにブレーキリリースしてコーナーへアプローチ。立ち上がりのアクセルONに100%注意して立ち上がり加速に集中させます。速さをより有効にさせる。

遅いマシンは、ストレートの遅れをまずブレーキングで詰めます。しかし100%使い切ってその後のコーナーと立ち上がりで後れを取ってしまえば致命的。絶対おいて行かれます。

鋭いブレーキングと速いコーナリングが必要で、立ち上がりは最低一緒でないとダメです。

つまりどこも負けてはいけません。

じゃー速いバイクでそれやれば無敵じゃん。

そうです。速いバイクならブッチギリでないとダメなんです。

でもね、不思議なもので気合と根性で付いていくライダーが現れるんですよ。

そう。それがライダーの開花です。

気合と根性だけでは無理ですよ。でも気合と根性がないと上にはいけません。

始めはそうであっても(気合)、いずれそれは普通に変わるんです。

ちなみに耐久レース出ると良くわかるのが、下位のチームの激速マシンに遭遇です(笑

ちなみに少し遅いぐらいが、コーナー速く走れるってのは内緒です(笑

勉強も同じで、速いのがいるからそこに追いつこうと努力する。最後は努力した者が勝つんです。その最後がいつなのか?ですが。

なので両方いるから切磋琢磨なんです。追いつけ追い越せ。

これを努力なしに、物に頼る、親に頼るのでは人として成長しないのです!!

厳しい環境が良いとは言いませんが、乗り越えれるスキルがあるのならば挑戦するべきなんですよね。いや身に付けていきましょう!!

上に立つ人のほとんどが、>あの時の厳しさがあるから今があるんだ。

と良く耳にするでしょ?

あれ?何の話でしたっけ?


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧