« 故 谷本音虹郎 | トップページ | 長くレースを見てきて 人という部分 »

2023年9月15日 (金)

プロレーサー  オートバイレーサー

以前動画でもお話ししたのですが、日本国内でのオートバイプロレーサーはオートレースはしっかりと確立されておりますが、全日本ロードレースではプロレーサーとはかけ離れた事になっている事は間違いありません。

メーカー系やショップ系ではもちろんプロレーサーは存在しますがごく一部であり、生涯を保証されないサラリーマンみたいな感じです。

プライベーターでの参戦は本当に厳しくて、それでも参戦する方は頑張ってお金を集めて参戦しています。何しろ参戦コストがハンパなくかかります。

プロモーターはMFJ

国内ではMFJが仕切って年間ライセンス保持、年間費を集めてそれを元に各サーキットで全日本を開催しています。

この運営の仕方、見え方が大きくスポンサードする企業のヤル気に繋がっているのは間違いなく、今では国民のほんの一部しか認知されていません。これが大問題だと思います。

それに加えて入賞賞金の額が少なく、とてもプロ(それで生活できる)レベルとはかけ離れています。

https://www.kawasaki-motors.com/mc/kawasakiteamgreenprogram/reward/

メーカーもこんな支援があるんですね。素晴らしいです。

逆に昔なんて、ミニバイクでもスプリント優勝3万円、耐久レースなんて50万や100万ありましたから、台数増加にも繋がっていたと思います。これは冠スポンサーが出していただけですので、持続させるには運営側の努力は必見です。

個人的にはワンメイクレース、やり方次第でPW50やQR50でもプロレーサーになれるんだけどな~って思います。

見る側が面白ければ良いし、優勝もだれがするか分からないので尚面白くなる。

※ゲーム感覚でスマホから課金してライダーやマシンがバージョンUPされていくとか、みたいな感じが出来ればミニバイクレースだと各地で開催も多いので逆に良いと思う。

YouTubeの視聴も増えれば、スポンサードされる企業も出てくるはずですし。

正にブレイキングダウンって素人1分競技が、プロよりも稼いでいるのはそこにニーズがあるからだよね。

60kgオーバーの大人が対象30kgのPW50でレースしたら、誰が勝つか分かんないでしょ?マシンはもちろんくじ引き。

ここに賭け事が成立したら確実にJSBよりも盛り上がりそうだわ。

もしくはマシンは運営側で用意。(マシン安いし)

くじ引きでマシンが決まり、優勝は10万円 2位5万 3位1万 からスタート。0が増えることだって可能だと思う。

エントリーに制限はなく、PWライセンスを作りこのライセンス保持者なら参戦できる。但しエントリーフィーは1万円で決勝は10台。

事前に予選を行い50人ぐらい集まれば可能だと思うし、100人集まれば予選10回の優勝のみの決勝。

これだけでも高額な賞金が出せそうでしょ?タイヤは年初めに新品にかえて、1年変えない。ハイグリップタイヤではなく、スクーターのノーマルタイヤ。十分マシンコストは下げれるし、イコールにしやすい。怪我しない、マシン壊れない。賞金出る。前日練習はNG どこでもレース開催出来る。逆回りとかにすれば地元とかも差が出ずらい。良い事ずくめだと思います。

|

« 故 谷本音虹郎 | トップページ | 長くレースを見てきて 人という部分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 故 谷本音虹郎 | トップページ | 長くレースを見てきて 人という部分 »