« 2022年9月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年10月

2022年10月30日 (日)

南コース

夏は終わり、秋もすぐに終わりそうですね。

1000の車検もわざわざ取って、ライドオンも予約しておいたのですが、見事に予定が入ってたのを忘れてまして。。。

このままだと乗らずに今年が終わりそうです( ノД`)シクシク…

本当ならば、30日南(600)31日(1000)1日(新型600)という流れでしたが、見事に31日1日と走れなくなって

どうしようかな?と考えていたらふと、CBR250RRのチェーンって600の中古着くんじゃない?

と合わせたら、ぴったりコマが合いました!

250はスプロケとかいろいろパーツが不足していますが、フロントスプロケは買っておいたんですよ。

しかもサスも変更したので、>これは250で南走るしかない!

と思い、前日に急遽整備して積み込み次の日南コースへ!

しかし駐車場がない!これは30年前と同じぐらいの満員具合。

予約も朝1の1本しか取れてなくて、隅っこに駐車して準備。

がしかし、いきなり発電機故障。お隣さんが貸してくれたのですぐにウォーマー温めるが、リアのウォーマーが電源はいらない。

これは痛いトラブル。

修練が続きます。しかし負けないぞ。諦めません。

丁度向山さんがトラックで来ていたので、ウォーマーを借りました。

半ぬるい感じで走行が始まり、いろいろバイクのチェック。

いい感じですよ。なんかスプロケも合ってるし、サスもフルコースのままでも悪くない。

1本目は54秒5で終わり、攻めきれずでしたが、感触は良い。

向山さんの奥さんが2本目は走らないとのことで走行を譲っていただきました。

2本目は足を少し触り、ウォーマーもしっかり温めたので空気圧も上げ気味で、走行開始。

あっ

スポーツ スポーツ+ の切り替えをいつも忘れてしまう。一度エンジンを切るとスポーツに戻ってしまうんですよね。

前回の予選もスポーツで走っていました。

変わらないという方もいますが、なんとなく点火時期が早く感じますね。加速が少し良い感じがします。

2本目はスポーツ+にして走行。

54秒フラットまでいき、クリアーが取れたのでアタック。

53秒8

いい感じ~  まだ行けそうですが、転んでも馬鹿なので確実に走りました。

ロガーで確認すると、丁度良いところで切ると53秒6でした。モチベもあがりますね。

やはりスポーツよりスポーツ+のほうが加速が良いですね。最高速は変わりませんが、点火時期が多分違う。

そう思うと前回の予選は勿体なかったです。

今年は膿が出るかのように次々と悪いほうが勝っていますが、なんとか怪我無く過ごせていますので良しとします。

それにしても250で南コースが楽しいですねwww

| | コメント (0)

2022年10月25日 (火)

水曜日は

水曜日はミニバイクデー

こんにちは。

すっかり寒くなりました。程よい季節は短いですね💦

これからシーズンオフに入っていきますね。

オフはやはりミニバイク&モタードを予定しています。

ミニバイクでは、名阪、明智、モタードでは富士カートを予定。

あくまでも予定ですけど、今年初め凄く寒い中、富士や筑波行ったのですがもう1年になりそう。

あっというまに1年ですからね。

という事で明日は水曜日。。。明智行きます!(8の字用ではなくコースレンタル用バイクの仕上げ)

 

お楽しみに~

| | コメント (0)

2022年10月 4日 (火)

N-PLAN Racing

N-PLANさんとは昔々からのお付き合いで、いつも勉強させて頂いております。

分からない事や相談事があるとたまーにですがTELする中なんです。

そして今日も長話www 忙しいのにありがとうございます。

私の得た知識などの多くは、中釜さん含めて多くの方々に教えて頂いた賜物です。

自分の経験と、教えて頂いた事を試し経験値が上がります。

ただ普通のサーキット走行される方はミニバイクトップレベル、全日本トップメカニックの方と深い話など中々出来ませんよね。

話せる部分だったり、通じる通じないの部分もあります。

個々に話している時間は無く、それは難しいと思います。

そんな事もあり、私はYouTubeを通じて皆さんに色々と知って頂こうと思ったわけです。

今日お話した事はサスペンション。

CBR250RRとCBR600RR

サスペンションはとっても難しくて、ライダーがSETするとほとんどの方がハズレます。

ライダーは走る事が得意で、バイクの動きを感じる事も得意なのですが、それを思ったようにSETする事は、感じている反対だったりするんですよね。リアだと思っていたら根本的にフロントだったりとそんな事はよくあります。

メカニック付いてて走行できる方なんてそうそう居ませんが、>どこどこのコーナーでタイヤがこうなる。車体がこうなる

と伝えるだけで、SETを考えるのがメカニック。話のもっと深い所を読み取ったり状況なども踏まえて理解するんですよ。

それも長く付き合いがあればライダーの癖や方向性、メンタルまでも熟知してくるので>OK

と送り出したものの、実は何もしないとかもあったりします。

今数少ないチューナーメカニック&元ライダーの1人 それがN-PLAN中釜さんです。

私もライディングを指導する時にはそのライダーの癖を見抜くようにしています。そして教えて頂いた事を多くの方に直接伝えれたら光栄だと本当に思うわけです。

| | コメント (0)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年12月 »