« 得意が有れば不得意もある | トップページ | ファミリー »

2018年6月14日 (木)

ミニバイクされどミニバイク

おはようございます。

keizyです。
早速NS50Rを整備中。
NSR50、NSF100、NS50Rを簡単に比較します。
これもグラフが書くと分かりやすいですが。
懐の広いNSF100
万人受けのNSR50
玄人向けNS50R
と一言で言いますとこんな感じです。
昨日のタイヤでもそうでが、元々BSだったり、NS50Rしか乗ったことなければ感じ方は随分と違いますし、僕の初めがピレリであったり、NSR50なのでこのような表現になる事をご理解ください。
NSR乗りからすると、NS50Rなんて乗りたくないと見た目から思いますよね?
そう、それは食わず嫌いと同じです。
但し、タイヤのグリップは見た目と同じでNSRが100とするとNS50Rは80ぐらいです。
グリップ競争するのでしたらNSRですが、コース一周を速く走らすという事で見ればどちらも100なのです。
??どうゆうこと?
>グリップの高いNSRのほうが有利じゃない?
有る部分では有利ですね。
>グリップの高いNSRのほうが速いじゃん。
グリップが高いという事は、いたるところでロスが出ます。いわゆるパワーを食われるというやつですね。転がりに抵抗が出て進まない、曲がらないという事が起きます。
>グリップが高い方がブレーキも旋回も高いでしょ?
確かにブレーキを使わない減速旋回でしたらグリップ力が高いほうが上ですね。但しNSRとNS50Rのグリップのそもそもの違いはタイヤサイズからくるものです。90/80-17と100/90-12 120/80-12であり、直立でのフルブレーキでは差が出ません。寝かしながらのブレーキでは差が出ますが。。
>それ、差が出たじゃん。
そうなんです。差が出ましたね。でも違う形で逆に差が出ているんです。
とこんな感じで有る部分では有利、または大半は有利だけれど、肝心な部分が不利だったり、コースを一周を速く走るという事は様々な部分でのメリットデメリットがあります。
0-400mならリアタイヤ車みたいので、フロントは自転車みたいのがいいですよね。
簡単に体感できるのが自転車。タイヤの太いマウンテンとタイヤの細いロード用でしょうか?もっと簡単なのが空気圧。
ミニバイクと一言でいいますが、実は色々体験出来るんです。
つづく。

|

« 得意が有れば不得意もある | トップページ | ファミリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65900/73677364

この記事へのトラックバック一覧です: ミニバイクされどミニバイク:

« 得意が有れば不得意もある | トップページ | ファミリー »