« 魅せる | トップページ | 時代世代後編 »

2016年8月30日 (火)

時代世代

今日は息子がバイトに来ました。
一緒に仕事してると色んな意味で考えさせられます。
特に息子には甘くなってしまいダメだな~と思っています(汗

良き師に出会え。

しかし世代が変われば、良き師も良いとは限らないかもしれません。
その時代、世代に合ったことは必要だと思いけれど、人間の本質そのものは変わらないはずです。
教える教わる立場関係。
そこには心や信頼、尊敬、憧れ、素直さなどが有るから成り立っています。
>水を飲むな!
という時代もあれば
>こまめに水を飲め。
という今の時代。
一言でいうと真反対だけれど、全く違う意味だと思います。
>水を飲むな=精神論(自分に負けるな)
>こまめに水を飲め=体の事を考え(現実的)
僕はそんな風にとらえています。
精神論はとても大切ですが、一般的ではない所。
極一部にはとても有効だけれど、全体で見渡すと逆効果が多い。
しかし極一部には飛びぬける可能性を秘めていると思います。
いわゆる鬼教官に問題児。
現実的な事は、やったらやっただけ、それ以上でもそれ以下でもない。
そんな風に感じます。
いつからか学校での教えがそうであるように、1番はダメ、皆平等にという所に似ています。ゆとりですね。
教える側も教わる側もどちらも傷つかない。
良き先生、良き生徒。
本当にそうなんだろうか?
僕は1番を得られるのなら水だって飲まない。
しかし今までぬるま湯飲んできた者が急に飲むなと言われてもただの拷問。
そんな頭でっかちより、最後には素直な一番です!


人気ブログランキングへ

|

« 魅せる | トップページ | 時代世代後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65900/67260709

この記事へのトラックバック一覧です: 時代世代:

« 魅せる | トップページ | 時代世代後編 »