« 9割 | トップページ | 8時間耐久に向けて日曜大工 »

2016年7月23日 (土)

215周の1周

ミニバイク→スクーターHiupR、シグナス、NSR50、S50、S80、XR100、エイプ100、オープン、ハイパーミニ、NSF100
ロード→250ccクラスCBR250R、ニンジャ250、ニンジャ250R、R25
600ccクラス、YZF-R600、CBR600RR、ZX6R
1000ccクラス CBR1000RR
これだけのバイクでレースしてきました。
どのクラス、どのバイクでも楽しめます。
しかし残念な事にレーサーって乗っていません。
唯一ミニバイク時代のS50とS80がRS125フレームを使ったクラス。何といってもスリックタイヤ!
この時に感じて覚えた、前後タイヤのトラクションのかけ方。今で言うタイヤを潰すってやつです。
溝付きタイヤとは明らかに使い方が違いました。
今ではJSBでその感じを感じています(笑
しっかりトラクションをかける事が出来れば、ワイドラインでなくミドルでも良い所。
むしろミドルの方が一定にかかりやすかったりします。
溝付き特に小排気量は転がす所が需要でしょうか?
フレーム、サスの剛性とタイヤは需要で、NSR50にスリックタイヤ履かせてもタイムは上がりません。グリップしすぎて進みません。
1周回ってタイムを出す事と、1つのコーナーを速く走る事は必ずしも一致しないという事です。
しかし1つ1つ頑張らないとこれまたタイムも出ません。
難しいですね。
それを8時間がんばります!


人気ブログランキングへ

|

« 9割 | トップページ | 8時間耐久に向けて日曜大工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65900/66628529

この記事へのトラックバック一覧です: 215周の1周:

« 9割 | トップページ | 8時間耐久に向けて日曜大工 »