« モチベーション | トップページ | 2016年鈴鹿耐久 »

2015年11月 5日 (木)

メンタルとフィジカル

スポーツではよく耳にする言葉。

実は仕事でも同じで本番に現れます。
また周りから見られている環境=試合などですね。
メンタルとは一言では言い表せない複雑な心境だと思います。
僕的な考え方になりますが、これは器や集中力とも比例します。
みなさんも感じたことのある、>真剣に取り組んでる時には時間が早い
>仕事でもくもくと取り組んでいると
という時はとても集中しています。この集中力を自分の思うように出したり出来たらいいのではないでしょうか?しかしその高い集中力は非常に疲れます。
また器とは感情とも関係があり、感情的になったりすること冷静さを見失います。
また見られている環境(大きな試合)での緊張や周りを気にしてしまう自分をいつもの自分と同じようにするためには、慣れがあります。これには集中力との関係もあります。
>お客さんがずっとみていたら仕事が手につかない経験はあると思います。
元々その人の性格も関係します。
一概にメンタルという一言の中には複雑な関係があります。
だからこそ、自分を知る必要があります。
あがり症で、人前では恥ずかしくてしゃべれない。
回りが気になって仕方ない。
集中集中と思うと余計集中できない。
いやなこと言われるとすぐにムカっとなる。
すぐ諦める。
こんな事も関係してきます。
ではどうやって鍛えるのか?
簡単ではありません。しかし簡単なのかもしれない。
その中で最近感じた事を1つ。
ジムでの出来事。
>中村さん、明日はハロウィンだから仮装してきてね~
と。
>いや~無理です(汗
ここで、恥かしいから出来ないという自分と対面。でも仲がいいわけでもないし。
次の日。
思いのほか仮装組が多い。
そして仮装した人はいつもより動きが良い?ノリが良い?
まるでヘルメット被ると変わるのと同じだ。ライダー。
メンタルと少し話がズレたけど、このような現象を見ると無関係とは思えなかった。
ジムでもくもくと取り組むスタイルだけでなく、スタジオでの見られている所での練習はメンタルの強化に役立つ気がします。
なのでこれからは一番前でやることにしました。心と体を鍛えるために!

人気ブログランキングへ

|

« モチベーション | トップページ | 2016年鈴鹿耐久 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65900/62378600

この記事へのトラックバック一覧です: メンタルとフィジカル:

« モチベーション | トップページ | 2016年鈴鹿耐久 »